PR

まつ毛施術の専門家アイリストになるには?仕事内容や必須の資格を解説

目元は大きく見た目の印象を左右します。アイリスとはお客さまのまつ毛に施術をし、目元を美しく引き立てる仕事です。

アイリストの仕事内容や目指す方法、働き方を紹介します。
もし少しでもまつ毛の施術や美容専門職に興味がおありなら、アイリストを目指してみるのも良いかもしれません。

アイリストとは?

「アイリスト」はまつ毛の施術を行います。まつ毛パーマやまつ毛エクステでお客様のお顔の印象を変えていきます。

アイリストは無免許ではなれません。意外かもしれませんが、美容師免許の取得が必須です。

アイリストの仕事内容と役割は?

アイリストの仕事はまつげの施術やカウンセリングがメインの業務です。しかし実際には業務はそれだけではありません。普段アイリストがどんな風に仕事をしているのか解説していきます。

まつ毛パーマの施術

まつげパーマはまつ毛にパーマを掛ける施術です。

まつ毛パーマはビューラーをしたようなナチュラルな仕上がりです。
毛質、痛み具合、長さ等、お客様一人ひとりまつ毛は違います。仕上がりの希望と、お客様の状態に合わせた細かな調整が必要です。

まつエクの施術

まつエクは自まつ毛に一本ずつ人工毛(エクステ)を付ける施術です。

まつ毛パーマがナチュラルな仕上がりであるのに対して、まつエクしっかりと印象を変えることができます。
以下のような方でも長くてボリュームのあるまつ毛を手に入れることができます。
まつ毛の量が少ない
・まつ毛の長さが短い
※効果は一時的なものです。

まつエクもお客さまのお顔のパーツやまつ毛の状態をよく観察し、カールやエクステの本数、長さを調整してデザインを決めていきます。
お客様のデザインの要望を確認しつつ、お顔に合うデザインを提案することもあります。

 

カウンセリングや予約の手配などのお客様サービス

カウンセリングや予約等のお客様対応も重要な業務です。施術前にお客様と向き合うカウンセリング対応、お客さまの案内やお会計、電話対応や予約対応等の接客対応が必要です。

カウンセリングはお客様対応の中でも特に大切です。
一人ひとり異なるまつ毛の状態やご希望に寄り添いながら、施術を慎重に判断します。

また、カウンセリングではクレンジング剤やまつ毛美容液などのケア用品のご提案を行うこともあります。

魅力を最大限引き出して、自信を持って日々過ごせるようにサポートしていくことはアイリストの役割です。

その他の業務

アイリストは接客だけでなく、店舗運営業務も行います。

サロンによりますが、以下のような業務も任されるでしょう。
・カルテ管理
・売上の集計
・その他事務作業

・清掃
・Twitterやインスタ等SNSの運用
・ブログの更新
・チラシの作成

アイリストになる方法:資格取得

まず、アイリストは美容師免許の取得が必須です。

2008年に厚生労働省がアイリストとして働くための条件として美容師免許を保有することを義務付けました。それ以前は資格がなくてもアイリストとして働くことが可能でした。現在でも美容所の届けをしていないサロンで、無資格でアイリストの業務を行っている方もいるようですが、そういったサロンで働くようなことはやめましょう。

アイリストになるためのステップ

1、美容師学校に通い技術や知識を学ぶ
2、美容師国家試験に合格する
3、サロンに就職する(他の方法もあり)

アイリストは働きながら目指せる?

アイリストは働きながら目指すことができます。
学校に通い、資格を取得するため、社会人になってから目指すのは難しいと思っている方もいるかもしれません。

しかし、通信制の学校等を選べば、勉強をしながら仕事をすることができます。
もちろん、個人個人の働き方の状況によりますので、色々な美容学校の資料を請求をして比較し、自分に合う学校を見つけることが重要です。

以下のリンクから様々な学校の資料請求を行えます。
検索ボックスに「美容師 社会人」と入れると、社会人でも通える学校を探せます。

 

アイリストとしての働き方

アイリストには様々な働き方があります。

サロンに就職する

サロンに就職し、以下のような勤務形態で働くことが一般的です。

・正社員
・契約社員
・パートやアルバイト

特に初めてアイリストとして働く場合はサロンに就職することが多いです。

フリーランスになる

フリーランスとして働く方法もあります。

・サロンと業務委託契約
・面貸し

業務委託契約ではサロンのスタッフと同じ空間でサロンのスタッフと同じように施術を行います。
面貸しはサロンの一部スペースを借りて、サロンとは別に施術を行う方法です。

独立してサロンを開業する

経験を積んだ後に自分のサロンを開業するという方法もあります。
サロンを開業すれば自分の理想通りのサロンを作ることができます。
将来的に独立することを目標に、高い志で仕事をしている方も多いです。

アイリストという職業に心惹かれるようであれば、第一歩を踏み出してみてがいかがでしょうか。

タイトルとURLをコピーしました