PR

まつ毛パーマはまだあ残ってるときにかけ直すのが良いの?

セルフまつぱならキットが便利

created by Rinker
leporem
¥2,533 (2024/04/20 08:50:51時点 Amazon調べ-詳細)

まつ毛パーマの後は、まつ毛美容液でケアを。
まつ毛パーマの持ちが変わります。

created by Rinker
エマーキッド
¥6,050 (2024/04/20 19:41:28時点 Amazon調べ-詳細)

折角、キレイに仕上がったまつ毛パーマでも、時間の経過とともにカールは崩れ、バラつきが出てきてしまいます。

そんなまつ毛の状態が気になり、「早くかけ直したい!」と思いますよね。

しかし、まつ毛パーマはまだ残っている状態。このタイミングで、まつ毛パーマをかけ直してもいいの?という疑問が…

今回は、まつ毛パーマは残っているときにかけ直してもいいのかを解説します。

まつ毛パーマのかけ直しは残ってるときが良い?

まつ毛パーマのかけ直しは、残っているくらいが適度なタイミング。もっというなら、施術から1カ月~1カ月半経過していれば、かけ直しても問題ありません。

理由は、この時期になると半数のまつ毛は生え変わっているからです。またカールが残っていても、まつ毛は伸びているので、前回と同じ位置にカールがかかることはありません。

そのため、パーマが残っていてもダメージを与えることがないため、かけ直しの目安と判断してもいいでしょう。

まつ毛パーマが残っているのはどんな状態?

まつ毛パーマが残っている状態とは、

  • カールが残っているまつ毛
  • 新しく生えた自然な状態のまつ毛
  • カクカクした痛んだまつ毛

これらが、混ざり合っていることをいいます。この状態になるのは、施術後1カ月~1カ月半経過した頃。

しかし、この状態になるのには個人差があるため、人によっては半分以上カールが残っていたり、反対に生え変わったまつ毛が多くを占めている場合があります。

まつ毛パーマがまだ残っているくらいがかけ直しの目安!

まつ毛パーマは、残っているくらいがかけ直しの目安としましょう。

前述のとおり、まつ毛パーマが残った状態は、カールが残っていたり、新しく生えてきたまつ毛が混在しています。

そのため、バラついた見た目が気になり、まつ毛をビューラーで上げたくなるでしょう。

しかし、まつ毛パーマが残っている状態でビューラーを使うと、抜け毛や切れ毛が起きやすく、まつ毛に大きなダメージを与えてしまいます。

カールにバラつきが目立ち、ビューラーを使いたくなった時点、まつ毛パーマをかけ直すようにしましょう。

そのタイミングでビューラーを使うよりは、まつ毛パーマをかけ直したほうがダメージはかなり抑えられます。

まつ毛パーマのビューラーの負担!併用は問題ない?
まつ毛パーマ後にビューラーを使いたくても、まつ毛へのダメージが気になるところ。今回は、まつ毛パーマ後のビューラーの負担について解説します。

まつ毛パーマをかけ直すタイミング

ほとんどのサロンでは、施術後1カ月~1カ月半経過したあとに、まつ毛パーマのかけ直しを推奨しています。

これより早いと、まつ毛の生え変わりは進んでいないため、前回と同じ位置にカールを付けてしまうことに。

そうなると、まつ毛は大きなダメージを受けてしまい、まつ毛パーマの持ちも悪くなるでしょう。

そのため、施術後1カ月~1カ月半経過していれば、まつ毛は半分以上生え変わっているので、まつ毛にダメージを与えること無くまつ毛パーマをかけ直すことができます。

まつ毛パーマの間隔の最適!ダメージ抑えてデザイン保つ!
まつ毛パーマはどれくらいの間隔でかけ直すべき?施術間隔が短すぎる・長すぎることで起こるデメリットや、まつパを長持ちさせる方法についても解説!

まつ毛パーマが完全に取れてからかけ直すのは?

まつ毛パーマが完全に取れてからかけ直すのは、まつ毛の健康面を考えればOK。

しかし、まつ毛パーマがかかりにくくなる可能性があるため、継続的にまつ毛パーマをかけることを予定している場合は注意が必要です。

それでは、詳しく見てみましょう。

まつ毛の健康のためには◎

まつ毛が生え変わるのは、3ヶ月で1サイクルといわれています。

そのため、まつ毛パーマをかけたあと3ヶ月もすれば完全にまつ毛パーマは取れているでしょう。完全に生え変わることで、まつ毛パーマで受けたダメージはほとんど消えています。

健康な状態のまつ毛にパーマをかけたい!というのであれば、このタイミングでもいいかもしれません。

しかし、まつ毛パーマが完全に取れた状態でかけ直すことにより、デメリットもあります。

まつ毛パーマがかかりにくくなる可能性も

まつ毛パーマが完全に取れて、まつ毛が健康な状態だとパーマがかかりにくくなる可能性があるので注意が必要。

というのも、そもそも初めてまつ毛パーマをかける場合、カールが付きにくかったり、パーマの持ちが悪い傾向があります。

その理由には、まつ毛がダメージを受けていない健康な状態だと、キューティクルがまつ毛に膜をはり、パーマ液が浸透しにくいから。

その点、まつ毛パーマが残っている状態だと、ダメージを受けキューティクルが剥がれているまつ毛が混在しているため、パーマ液が浸透しやすく、パーマがかかりやすいといえるでしょう。

ですから、まつ毛パーマが残っているくらいが、かけ直しのタイミングといえるのです。

定期的にまつ毛パーマをかけるなら日頃からケアを!

定期的にまつ毛パーマをかけるなら日頃からケアをしましょう。

とくに大切なのが、

  • 目の周りをマッサージする
  • まつ毛美容液を使用する

それでは詳しく見てみましょう。

目の周りをマッサージする

目の周りをマッサージすることで、血流が良くなりまつ毛が健康的に。それにより、まつ毛パーマの持ちも良くなります。

先程も述べたように、まつ毛は3ヶ月に1度のサイクルで生え変わり、かなり短いスパンといえるでしょう。

そのため、短い期間で太くて長いまつ毛に育てるには、充分な栄養が必要になります。

この栄養というのは、血流によって毛根に届けられますが、血流が悪い状態だとうまく行き届かなくなります。そうならなためにも、目の周りをマッサージし、血流を良くすることが大切。

それでは、血流を良くするマッサージ方法を紹介します。

<目の周りのマッサージ方法>

  1. 目の周りをじんわり温める
  2. 眉の中心あたりに指を当て、眉骨の下に沿わせ眉尻まで滑らせる
  3. 黒目の下あたりに指を当て、目尻にかけて押し上げる
  4. こめかみあたりに人差し指と中指を添え、鎖骨に向かい撫で下ろす
  5. 最後にまつ毛美容液を塗る

まずは、目の周りを温めるのが大切。ほどよく温めたタオルをあてるのもいいですが、手軽なのはホットアイマスクです。

created by Rinker
めぐりズム
¥1,310 (2024/04/20 08:07:10時点 Amazon調べ-詳細)

次に、クリームを塗った目の周りを指の腹をつかい、優しく撫でるようにマッサージしましょう。

その際には、美容成分が配合されたアイクリームがおすすめです。

最後に、栄養たっぷりのまつ毛美容液を塗ればOK。まつ毛美容液については、後述します。

マッサージと聞くと、面倒に感じるかもしれませんが、健康なまつ毛にしたいのであれば必ずするようにしましょう。

まつ毛美容液を使用する

目の周りをマッサージし血流を良くした後に、まつ毛美容液を塗りましょう。

まつげ美容液には、まつ毛のダメージを補修する成分や、まつ毛を保湿する成分がたっぷり含まれています。

また日頃から、まつ毛美容液を使用することにより、まつ毛パーマ後のダメージをケアしながら、ハリやコシのあるまつ毛を目指せます。

まつ毛パーマをかけた人にとって、まつ毛美容液は欠かせないアイテムといえるでしょう。

created by Rinker
エマーキッド
¥6,050 (2024/04/20 19:41:28時点 Amazon調べ-詳細)

まつ毛パーマが残っている状態でマツエクはつけられる?

まつ毛パーマが残っている状態でマツエクは、

  • イメージ通りに仕上がらない
  • 持ちが悪くなる

このような理由から、まつ毛パーマが残った状態でマツエクをつけるのはおすすめしません。

それでは、詳しく見てみましょう。

マツエクがイメージ通りに仕上がらない

まつ毛パーマが残っている状態だと、マツエクがイメージ通りに仕上がりません。

先程も述べたように、まつ毛パーマが残っている状態は、バラついてまとまりがありません。

その状態でマツエクを付けると、仕上がりにそのまま影響してしまい、イメージしているものとは、別物になる可能性が非常に高いです。

マツエクの持ちが悪くなる

まつ毛パーマが残った状態に、マツエクをつけてしまうと持ちが悪くなります。

カールが残ったまつ毛に、マツエクを付けるのは接着面の確保が難しく、付けてもすぐに取れてしまいます。

また何より、まつ毛パーマによりまつ毛が傷んでいる状態に、エクステを付けると、更にダメージが悪化。

せっかくエクステを付けても、ダメージによりまつ毛が抜けてしまったり、切れてしまうとエクステも一緒に取れてしまうので、持ちが悪くなります。

そのため、まつ毛パーマ後にマツエクを付けるなら、ほとんどのまつ毛が生え変わる施術後3ヶ月後を目安にしましょう。

まつ毛パーマをしたあと1ヶ月後にマツエクは付けられる?
まつ毛パーマのカールが落ちてくる1ヶ月後くらいに「マツエクをしたい」と思った場合、マツエクを付けられるのか否かについて解説します。

まつ毛パーマは、残っているくらいにかけ直すのがちょうどいいでしょう。もっというなら、施術から1カ月~1カ月半経過していれば、かけ直しても問題ありません。

理由には、この時期になるとまつ毛の半数は生え変わっているからです。

カールが残っていても、まつ毛は伸びているので、前回と同じ位置にカールがかかることはありません。

そのため、ダメージが気になる人も、安心してまつ毛パーマをかけ直すことができます。

タイトルとURLをコピーしました