PR

まつ毛パーマにかかる時間!流れや施術中の注意点も!

セルフまつぱならキットが便利

created by Rinker
leporem
¥2,533 (2024/04/20 08:50:51時点 Amazon調べ-詳細)

まつ毛パーマの後は、まつ毛美容液でケアを。
まつ毛パーマの持ちが変わります。

created by Rinker
エマーキッド
¥6,050 (2024/04/20 19:41:28時点 Amazon調べ-詳細)

自分の手では出来ない華やかなアイメイクを短時間で叶えてくれるのがまつ毛パーマ。でも初心者にとっては、サロン選びや施術の内容など何から何まで疑問が多いですよね。

今回はまつ毛パーマにかかる時間、当日の流れ、施術中の注意点について解説します。

なかなか人には聞きづらい情報をまとめているので、初心者だけでなくサロン替えやまつ毛パーマの種類を変えることを検討している方にとっても役に立つはずです。

是非最後までお付き合い下さい。

まつ毛パーマにかかる時間

まつ毛パーマ初心者の気になるポイントとして真っ先に挙げられるのは、まつ毛パーマにかかる時間かもしれません。

髪の毛のパーマはかけたことがあっても、まつ毛となると量や長さが全く異なるので、素人には想像するのも難しいものです。

まずはまつ毛パーマの施術当日がどのような流れなのか知った上で、実際施術にどれくらい時間がかかるのかを理解しましょう。

カウンセリングにかかる時間

カウンセリングには30分程度かかるのが一般的です。長くても1時間程度と考えておきましょう。

サロンではカウンセリングシートなどに記入し、そちらの情報を基に担当者がヒアリングすることが多いです。

カウンセリングシートの内容は、希望するまつ毛のデザインやイメージ、また健康に関することでアレルギーの有無や当日の体調について訊かれる場合も。

目や目元に疾患があったら施術を受けられないケースもあるので、事前にアイリストがチェックします。

施術にかかる時間

まつ毛パーマの施術にかかる時間は、種類を問わず大体1時間前後です。

施術の最初にまつ毛パーマの薬剤がムダなく浸透するように、目元の皮脂や汚れをきれいに拭き取ります。

この時もしアイメイクが残っていればクレンジングが必要になり、別途料金が必要になることもあるので注意が必要です。

その後薬剤を塗布しまつ毛を軟化した上で、カールのクセを付けていきます。仕上げにコーティングをして出来上がりです。

1時間前後の施術なので、休憩がてら寄ることも出来るくらいサロンは気軽な場所になっています。

まつ毛パーマする時はメイクをどこまでしていい?
まつ毛パーマする時はメイクをどこまでしていいか、なるべくカールを長持ちさせるアイメイクやクレンジング方法をご紹介!サロン前に要チェック!

初めての場合は通常より時間がかかることも

まつ毛パーマが初めての場合は通常より時間がかかることもあるので、念のため時間には余裕を持って予約を入れて下さい。

カウンセリングを特に念入りに実施したり、まつ毛パーマの薬剤にアレルギー反応等がないかテストをするのに時間を置いたりと、実際に施術するまでとても慎重に進めるからです。

少し面倒に感じるかもしれませんが、しっかり時間をかけることで失敗が防げることが多いのも事実。2回目以降の施術とどう変わるのか、事前に確認しておくと次回の予約も入れやすいです。

まつ毛パーマの施術の流れ

ここからはまつ毛パーマの施術の流れを、2種類に分けて解説をします。

サロンによって施術可能かどうかは異なりますので、事前にきちんと確認して下さい。また種類によってまつ毛パーマの仕上がりも変わります。

自分のなりたいイメージについてきちんと決めて、可能であればイメージに近い画像なども準備した上で、サロン選びをしましょう。

ビューラー式の場合

ビューラー式は文字通り、まつ毛をビューラーのような器具で挟んで持ち上げてクセ付けをする方法です。

専用のビューラーでまつ毛を挟み、角度を付けた後、パーマ液を流し込んで薬剤を浸透させます。

施術全体が早ければ30分ほどで済むサロンもあるほど短時間で、なおかつ安価で施術出来るのが最大の魅力。

まつ毛パーマ初心者であれば、まずはビューラー式から試してみるのがおすすめです。

 ロッド式の場合

ロッド式の場合は、ロッドと呼ばれる棒にまつ毛を巻き付けてカールを付けます。

ロッド自体にも種類があるため、まずは仕上がりイメージに合ったロッドを選択。ロッドをまぶたに固定した後、まつ毛を1本1本丁寧にロッドに巻き付けます。そしてまつ毛にパーマ液を浸透させ時間をおき、最終的にロッドを外して薬剤を流したら完了です。

ビューラー式に比べると施術時間は1時間程度と少し長くなりますが、きれいに弧を描いたカールが出来るので仕上がりはとても華やか!

まつ毛パーマ施術中の過ごし方

まつ毛パーマ施術中の過ごし方も気になるところ。長ければ1時間程度の時間があるわけですから、ムダにしたくないと思う人もいるかもしれません。

こちらでは特にまつ毛パーマ初心者が気になる3点に絞って、まつ毛パーマ施術中の過ごし方を紹介します。

サロンにもよりますが、大体どこでも共通のポイントです。

施術中は目をつぶっておこう

まつ毛パーマ施術中は目をつぶっておきましょう。

基本、施術が始まってから終わるまで、終始目はつぶったままだと覚悟して下さい。

きちんと目をつぶらないと薬剤が目に入ったり、カールの角度がズレてしまう可能性があります。

コンタクトレンズは基本的に装着不可のサロンが多いですが、もし装着OKのサロンだったとしても、目をつぶった状態ではコンタクトの位置がズレることもあるかもしれません。

万が一のことを考えても、やはりコンタクトレンズは外しておくのがベストと言えます。

眠ってしまっても大丈夫?

まつ毛パーマ施術中は眠ってしまっても大丈夫です。

むしろ施術中は眠ってしまう人が多いというアイリストもいるほど。

サロンはリラクゼーション効果を追求した作りになっていることも多く、座り心地抜群のソファやヒーリング系のBGMなどで、眠くなってしまう可能性の方が高いです。

個室サロンであれば尚のこと。

まつ毛パーマ初心者にとっては、眠ってしまったら恥ずかしい…と感じるかもしれませんが、アイリストは慣れているので全く恥ずかしがる必要はありませんよ。

イヤホンで音楽は聞ける?

まつ毛パーマ施術中にイヤホンで音楽を聞くことも問題ないでしょう。

自分のイヤホンとスマホで音楽を聞くのはもちろん、動画を音だけで楽しむのもOK。

施術前にアイリストにイヤホンを使っている旨を伝えるだけで良いです。

ただし、前述の通り施術中は目をつぶっているので、スマホの操作は出来ません。音楽や動画を変えたりするのは難しいということだけ理解しておきましょう。

まつ毛パーマが定着するまでにかかる時間は?

まつ毛パーマが定着するまでにかかる時間は3~4時間程度です。

施術後4時間はアイメイクをしないことは元より、まつ毛を濡らさない・触らないこと、うつ伏せで寝ないようにするなど注意しましょう。

この定着するまでの時間が非常に重要で、この時間をきちんと取れていないと、その後のカールの持ちに大きく影響します。

折角かけたまつ毛パーマがムダになってしまわないよう、この時間をきちんと確保出来るよう予定を立てましょう。

まつ毛パーマをしたあとの洗顔は何時間後からOK?
まつ毛パーマ後すぐに洗顔するのはあまり良くない気がしますが実際は?今回は、まつ毛パーマしたあとの洗顔は何時間後からしていいのか解説します。

まつ毛パーマにかかる金額はどのくらい?

まつ毛パーマにかかる金額は種類によって少し違いがあります。

  • ビューラー式は2,500~4,000円
  • ロッド式は4,000~7,000円

が相場です。

あまり相場より安すぎるサロンだとカウンセリングに時間をかけなかったり、そもそも薬剤を浸透させるための時間が短かったりする可能性もあるので、口コミを参考にしつつサロン選びをしましょう。

初めてのサロンの場合はクーポンが使える場合もあるので、予想より安価にまつ毛パーマをかけられることもありますよ。
まつ毛パーマの上下の値段!両方同時にした時の値段も!
上下のまつ毛にパーマをかける人が増えていますが、気になるのが値段。まつ毛パーマ上下の値段と下まつ毛パーマのメリット・デメリットを解説します。

まつ毛を傷めないためにアフターケアも大切

まつ毛パーマの後は、まつ毛を傷めないためにアフターケアも大切です。

まつ毛パーマは薬剤を使ってカールを付けるので、個人差はありますがダメージは確実に受けていて、切れ毛や縮れ毛が発生したりというトラブルは十分起こりえます。

アフターケアに必要なアイテムはドラッグストアやネット通販で手軽に入手可能。

まつ毛パーマ施術後はアフターケアを日課にして、なるべく長くきれいなパーマを楽しみましょう。

まつ毛用美容液を使う

日々のスキンケアには、まつ毛美容液を使うのがおすすめです。

髪の毛と違って、毎日シャンプーリンスやトリートメントをする習慣がないのがまつ毛ですが、まつ毛美容液はスキンケアの1つとして取り入れやすく多様な商品が揃っているので手軽に始めやすいです。

ダメージ補修やボリュームアップだけでなく、敏感肌でも使えるものやまぶたまで含めてケアするものもあるので、自分に合った商品が必ず見つかります。

アイシャンプーを使う

まつげパーマのアフターケアで、アイシャンプーを使うのもとても効果的です。

馴染みのない方も多いアイシャンプーですが、その名の通り目を洗うためのアイテムで、まつげにハリやコシを与えドライアイの予防に役立ちます。

特に近年注目されているのは「まつ毛ダニ」を洗い流す効果。

ケアが行き届いていないまつ毛の生え際には、ダニが発生してしまうことがありますが、アイシャンプーを使えば汚れをスッキリ洗い流せます。

使い方も簡単なアイテムが揃っていますので是非参考にして下さい。

 

メシル(mesiru)

created by Rinker
ロート製薬 メシル
¥962 (2024/04/20 19:56:21時点 Amazon調べ-詳細)

ロート製薬から発売されている「洗うまつ毛美容液シャンプー」という頼もしいアイテムです。

落としきれなかったアイメイクによる色素沈着や、まつ毛のダメージをケアしてくれます。

泡で出てくるタイプなので、面倒な泡立ては不要で摩擦レスというのも使いやすいポイントです。無香料・無着色なので敏感肌の方でも安心できる使い心地。粘り気の強い泡が、ラメなどの細かいアイメイクも残さずすっきり洗い上げます。

アイシャンプーリフレッシュ 95ml

created by Rinker
アイシャンプー
¥2,640 (2024/04/20 19:44:33時点 Amazon調べ-詳細)

メディプロダクトという日本の会社が製造しているのがこちらのアイシャンプー。推薦している眼科医も多く、効果はお墨付きです。

メントールが配合されているため、非常にスッキリした使用感で汚れを落とすだけでなく、文字通りリフレッシュにも効果的。

涙と同じ浸透圧のアルカリ性なので、初心者でも目に沁みる心配がなく使い心地は抜群です。ヒアルロン酸などの保湿成分も高配合されているので、まつ毛自体をしっかり補強したい方にもおすすめ。

クレンジング方法に気をつける

アイシャンプーは使えば良いと言うわけではなく、クレンジング方法にも気をつけましょう。

メイクのクレンジングについては、ポイントメイク落としを使うのが大切。楽だからと言って、顔全体を同じクレンジングで一気に落とそうとするのは止めた方が良いです。

また目元の皮膚はとても薄いので、アイシャンプーを使う際はなるべくキメの細かい泡を立てて、まぶたやまつ毛の生え際をそっと泡で撫でるように洗って下さい。

ゴシゴシ擦るように洗うのは絶対にNG。もちろん洗った後は、そっと水分をとってまつ毛を乾かして下さいね。

created by Rinker
ヒロインメイク
¥924 (2024/04/20 09:16:08時点 Amazon調べ-詳細)

まつ毛パーマにかかる時間や、施術の流れ・注意点を紹介しました。要点は以下の通りです。

  • まつ毛パーマにかかる時間は30分~1時間程度
  • 施術はカウンセリングから始まり、初心者の場合はここで長めに時間がかかる場合も
  • まつ毛パーマの持ちを良くするためアフターケアアイテムも揃えること

まつ毛パーマをかける時間はとてもリラックスできるだけでなく、仕上がりを待つ楽しみもあるのでとても有意義な時間になるでしょう。

イメージに合ったまつ毛パーマをかけて、アイメイクをもっと楽しんで下さいね!

タイトルとURLをコピーしました