PR

まつ毛パーマの期間で持ちを良くする間隔!ずばりこれ!

セルフまつぱならキットが便利

created by Rinker
leporem
¥2,533 (2024/04/20 08:50:51時点 Amazon調べ-詳細)

まつ毛パーマの後は、まつ毛美容液でケアを。
まつ毛パーマの持ちが変わります。

created by Rinker
エマーキッド
¥6,050 (2024/04/20 19:41:28時点 Amazon調べ-詳細)

まつ毛パーマは、まつ毛の成長や生え変わりとともに徐々に形が崩れてきます。

キレイなデザインを維持するためには定期的なメンテナンスが必要となりますが、まつ毛パーマをかける間隔が適切でないと、カールの持ちが悪くなってしまうことも。

コンスタントに施術を行うならば、まつ毛パーマの持ちを良くする間隔も知っておきましょう。

本記事では、まつ毛パーマの持ちを良くする施術間隔や、まつ毛パーマの持続期間、まつ毛パーマを長持ちさせるポイントなどについて解説します。

まつ毛パーマを長持ちさせるにはどれくらいでかけ直すべき?カールをもっと長持ちさせたい!

そんな悩みをお持ちの方は、目を通してみてくださいね。

まつ毛パーマの期間で持ちを良くする間隔

まつ毛パーマをかける際、どれくらいの期間をあければよいのでしょうか。まつ毛パーマの持ちを良くする間隔を知っておきましょう。

1カ月~1カ月半は期間を空けよう

まつ毛パーマの持ちを良くしたいのであれば、1カ月~1カ月半は施術の期間を空ける必要があります。

これは、まつ毛にダメージが残っていない状態でまつ毛パーマをかけた方が、持ちが良くなるからです。

まつ毛は約3カ月の周期で生え変わりを繰り返しています。

施術後1カ月~1カ月半とは、まつ毛の約半数が生え変わっている状態。また、まだ残っているまつ毛も伸びているため、カールの位置も変わってきています。

この時期に再度まつ毛パーマをかけても、同じまつ毛の同じ部分に二度まつ毛パーマをかける心配がありません。

まつ毛に過度なダメージを与えることがないので、まつ毛パーマの持ちに影響することがないのです。

間隔が短すぎるとパーマの持ちが悪くなる!

まつ毛パーマが落ちてきたからといって適切な間隔を空けずに再施術を行うと、かえってパーマの持ちが悪くなってしまいます。

まつ毛パーマは少なからず自まつ毛にダメージを与える行為です。

まつ毛の成長や回復を待たずに再施術をすれば、まつ毛へのダメージが蓄積されることは避けられません。

まつ毛が過度に痛むと表面のキューティクルがはがれ、内部構造もスカスカに。

この状態でまつ毛パーマをかけても、カールが固定されず持ちが悪くなるのです。

まつ毛が痛んでいる時はまつ毛パーマの期間を空けるべき

自まつ毛が特に痛んでいると感じる場合は、まつ毛パーマをかける期間を空けた方が無難です。

まつ毛にダメージが残った状態でまつ毛パーマをかけると、まつ毛パーマがかかりにくいだけでなく、パーマ液の刺激によりまつ毛がチリついてしまうこともあります。

切れ毛や抜け毛が目立つ時、まつ毛にハリやコシがなくなっている時は、自まつ毛が痛んでいるサイン。

まつ毛パーマをかけたい気持ちをグッとこらえて、まつげ美容液などを使いながら自まつ毛を回復させることに努めましょう。

まつ毛パーマはまだあ残ってるときにかけ直すのが良いの?
マツパはまだ残っているけど、バラついてくるとすぐにかけ直したくなりますよね。まつ毛パーマは残っているときにかけ直してもいいのか解説します。

まつ毛パーマはどれくらい持続する?

まつ毛パーマをかける間隔としては1カ月~1カ月半が適切ですが、まつ毛パーマが持続する期間はそれよりも短くなることが一般的です。

また、まつ毛の毛質や生活習慣によっても、まつ毛パーマの持続期間は変わってきます。

まつ毛パーマが持続する期間

個人差はありますが、まつ毛パーマは大体3週間~4週間持続するとされています。

まつ毛が全て生え変わるには約3カ月かかるため、実際には約3カ月間は多少なりともまつ毛パーマが残っていることになりますよね。

しかし、まつ毛が伸びてカールの位置が変わったり、まつ毛の約半数が生え変わることで、デザインは大きく崩れてしまうでしょう。

このデザインが崩れるタイミングが、平均して施術後3週間~4週間と考えておいてください。

まつ毛パーマの持続期間を左右する要素

前述したように、まつ毛パーマの持続期間には個人差があるものです。まつ毛パーマの持続期間を左右する要素として、次のようなことが考えられます。

  • まつ毛の毛質
  • まつ毛の毛周期
  • まつ毛のダメージ具合
  • 施術者の技術力
  • カールのデザイン

例えば、太くハリのあるまつ毛はキューティクルの層が厚いためまつ毛パーマがかかりにくく、持続期間も短くなります。

また、目元を擦る、うつぶせで寝る、ビューラーを使用するといった習慣のある方は自まつ毛を痛めやすく、まつ毛パーマの持ちも悪くなってしまうでしょう。

まぶたの形状とカールのデザインが合っていない場合なども、まつ毛パーマは落ちやすくなってしまいます。

複数の要素が重なることで、まつ毛パーマの持続期間は短くなります。逆に考えると、条件がよければ平均より長くカールを持続させることもできるのです。

まつ毛パーマの手入れ方法!カールを長もちさせるために!
まつ毛パーマ後にキレイなカールを維持させるためには、お手入れは必須。まつ毛パーマの持ちをよくするための、お手入れ方法について解説します。

まつ毛パーマの持ちを良くするには?

まつ毛パーマの持続期間には個人差があると説明しました。

まつ毛の毛質などは自分ではどうしようもできない部分ですが、生活習慣であれば改めることができますよね。

まつ毛パーマの持ちを良くするために、次のことに気をつけてみましょう。

目元を擦らないようにする

まつ毛にダメージを与えないため、目元を擦らないようにしてください。

目元を擦ると、摩擦によりまつ毛パーマのカールが取れたり、自まつ毛が痛んだりしてしまいます。

ひとつひとつの負担は大きくなくても、繰り返すうちにまつ毛パーマに悪影響を与えてしまうでしょう。

クレンジングの時や眠たい時、目元がかゆい時など、目元を擦りがちなシーンは意外と多いものです。

アイメイクは綿棒で落とす、目に違和感がある時は目薬を使用するなど、擦る以外の対処法を身につけてみてください。

まつ毛は濡れたままにしない

まつ毛を濡らしたままにしないことも、まつ毛パーマを長持ちさせるために大切です。

まつ毛パーマは水分に弱いという性質があります。

濡れたままのまつ毛はキューティクルが開き、痛みやすくなるため、まつ毛パーマも落ちやすくなってしまうのです。

洗顔後や汗をかいた後は、まつ毛の水分も優しく拭き取るようにしましょう。

水分を拭き取った後、ドライヤーの冷風をあてて乾かせば、まつ毛にツヤを出すこともできますよ。まつ毛用ドライヤーを使えば、まつ毛にかける負担もより小さくできるでしょう。

まつ毛美容液でケアする

まつげ美容液を使用したケアも、まつ毛パーマの持ちを良くするために効果的です。

まつげ美容液には、補修成分や保湿成分が配合されており、まつ毛のダメージをケアしつつ、潤いのある健康的なまつ毛を目指すことができます。

また、マスカラの下地代わりに使用すれば、紫外線や皮脂といった日中のダメージからもまつ毛を保護することが可能に。

まつ毛へのダメージを減らしつつ、まつ毛に栄養を与える。2つの方向からのアプローチで、まつ毛パーマの持ちを良くすることが期待できるのです。

まつ毛パーマをかけ直さずに見栄えを良くする方法

まつ毛パーマをかけるタイミングまでまだ期間があるのに、カールが取れてきてしまうこともありますよね。

そんな時は、以下の方法を試してみてください。パーマをかけ直さずに、見栄えを良くすることができますよ。

まつ毛をコームでとかしてブローする

まつ毛パーマがバラついたように感じるなら、まつ毛を軽く濡らしてからコームでとかし、冷風でブローしてみましょう。

まつ毛パーマのカールが取れてくると、まつ毛の向きがバラバラになってしまうことがあります。

そのままだと見栄えが悪いことはもちろん、マスカラが塗りづらくメイクでのカバーもしにくいという問題点も。

まつ毛をコームで整えて冷風でブローすれば、まつ毛の毛流れをある程度そろえることができます。

カールの復活までとはいかなくても、まつ毛にまとまりが出ることで見栄えは改善するはずです。

マスカラの後にまつ毛を指で押し上げる

カール感を出したいなら、まつ毛をブローした後、メイクの段階でもうひと手間加えてみましょう。

マスカラを塗った後、乾く前にまつ毛の根元を指で優しく押し上げてみてください。

指先の体温が伝わり、ホットビューラーのようにまつ毛をカールすることができます。

時間の目安としては、30秒もすれば充分でしょう。

ビューラーほどはっきりとした角度をつけることはできませんが、まつ毛にダメージを与えずに行えるという点でも安心して行える方法です。


まつ毛パーマをかける期間で、持ちを良くする間隔について説明しました。

  • まつ毛パーマの持ちを良くするなら、1カ月~1カ月半の間隔でかけ直しを行う
  • 施術の間隔が短いとまつ毛が痛み、まつ毛パーマの持ちが悪くなる
  • まつ毛が切れる、抜けるなどひどく痛んでいる場合は、より施術間隔を空けた方がよい

まつ毛パーマの持ちを良くするには、まつ毛にダメージを与えすぎないよう、1カ月~1カ月半の間隔を空けての施術が望ましいと言えます。

まつ毛パーマの持続期間には個人差もあるため、まつ毛のコンディションをよく観察ながら、施術のタイミングを見極めるようにしましょう。

また、より長くまつ毛パーマのデザイン性を保つためにも、日々の生活習慣を改めたり、まつ毛美容液などでケアを行うことも大切です。

まつ毛パーマの持ちが良くなり、施術の間隔を空けられれば、まつ毛へのダメージを少なくできるだけでなく、費用を抑えることにもなりますよ。

タイトルとURLをコピーしました