PR

まつ毛パーマはすっぴんで行くのがいいの?メイクはどこまでOK?

セルフまつぱならキットが便利

created by Rinker
leporem
¥2,533 (2024/04/20 08:50:51時点 Amazon調べ-詳細)

まつ毛パーマの後は、まつ毛美容液でケアを。
まつ毛パーマの持ちが変わります。

created by Rinker
エマーキッド
¥6,050 (2024/04/20 19:41:28時点 Amazon調べ-詳細)

まつ毛パーマをかける当日、何も予定がなければ、すっぴんでも行けますが…場合によっては、まつ毛パーマの前後に、予定を入れることもあるでしょう。
また、すっぴんでサロンまで行くのは無理!という人もいますよね。

そんな時に思うのが、「絶対にすっぴんじゃなきゃだめなの?」ということ。

そこで今回は、まつ毛パーマはすっぴんで行くべきなのか否かについて解説します。

まつ毛パーマはすっぴんで行くのがいい?

まつ毛パーマの施術の際は、まつげに何もつけないことが望ましいので基本的にすっぴんで行くのがいいでしょう。

サロンによっては、

  • ベースメイクだけならOK
  • マスカラ以外のアイメイクならOK

このように、まつ毛パーマの施術に直接関わらない部分であれば、一部のメイクであれば良しとされています。

ですから、どうしてもすっぴんで行くのが嫌であれば、予約時にサロンに確認してみましょう。

それでは、詳しく説明します。

ベースメイクだけならOKの場合が多い

女性にとって外出時には欠かせない、ファンデーションや日焼け止めなどのベースメイク。これくらいのメイクは、最低限して外出をしたいと思いますよね。

多くのサロンでは、ベースメイクであれば、まつ毛に直接付くことがほとんどないためOKとしています。

しかし、施術前後には目元周りを拭き取るため、ベースメイクも一緒に取れてしまう可能性があります。

そのため、施術後に化粧崩れが気になるようであれば、メイクポーチを持参したほうがいいでしょう。

アイメイクはどこまでしてもいい?

アイメイクはできればアイブロウだけで抑えるのが理想です。

しかし、アイシャドウまでであればOKの場合があります。
アイシャドウを塗る場合は、目元ぎりぎりに塗るのは避けましょう。

いつものメイクに比べると違和感がありますが、まつ毛に近い所を塗ってしまうと、まつ毛パーマがかかりにくくなる可能性があります。

さらに、アイシャドウは必ずメイクオフしやすいものを選びましょう。
石鹸だけで落とせるアイシャドウがおすすめです。

まつ毛パーマする時はメイクをどこまでしていい?
まつ毛パーマする時はメイクをどこまでしていいか、なるべくカールを長持ちさせるアイメイクやクレンジング方法をご紹介!サロン前に要チェック!
マスカラやアイラインは、まつ毛に直接付いてしまうので絶対にダメ。
これらは、施術前にメイクを落としても、まつ毛に汚れや油分が残りやすいため、まつ毛パーマがかかりにくくなります。

メイクの可否は予約時にサロンに確認しよう

ベースメイクやアイシャドウについて説明しましたが、必ずメイクの可否は予約時にサロンに確認しましょう。

まつ毛パーマの種類や、サロンの施術方法によって対応は異なり、他のサロンではOKとされていたベースメイクでさえ、NGとしているサロンがあります。

そのため、当日スムーズに施術に臨むためにも、予めサロンに確認するようにしましょう。

アイプチやコンタクトはしていてもいい?

アイプチやコンタクトの使用は、以下のようにそれぞれ対応が異なります。

  • アイプチはしたままの方が仕上がりをイメージしやすい
  • コンタクトは外した方が安全

それでは、詳しく説明します。

アイプチはしたままの方が仕上がりをイメージしやすい

アイプチはしたままの方が、まつ毛パーマの仕上がりがイメージしやすいです。

そのため、サロンでOKといわれればアイプチをした状態でまつ毛パーマをかけましょう。

おそらく、日常的にアイプチをしている人は、メイクをするとき常にアイプチをしている状態のはず。そのため、アイプチを付けた状態の目元に合わせて、まつ毛パーマのデザインを選ぶのが望ましいです。

しかし、アイプチの付け方によっては、目が引きつり完全に目が閉じない人も。その場合は、施術中にパーマ液が入ってしまう可能性があるため、アイリストに必ず相談しましょう。
また、アイプチを塗る際もまつ毛に付着しないよう気をつけましょう。

まつ毛パーマでアイプチはやりにくい?やり難いときの解説!
まつ毛パーマをしているとアイプチはやりにくい?まつ毛パ ーマとアイプチを同時に行う時の注意点や、どんなアイプチを選ぶべきか、施術の際にアイプチをしていて良いのかを解説します。

コンタクトは外した方が安全

まつ毛パーマ施術中は、コンタクトを外しましょう。

コンタクトをしたまま施術することにより、

  • 目が乾燥する
  • 施術中にずれる可能性がある
  • パーマ液が目に入ってしまった際に色素沈着する

このようなトラブルが生じる場合があるため、安心安全な施術をするなら、コンタクトは外すようにしましょう。

まつ毛パーマはコンタクトをしたまましてもいいの?
まつ毛パーマ施術中にコンタクトを外すのが面倒…と思いませんか?今回はコンタクトをしたままでまつ毛パーマをしてもいいのか解説します。

施術後にメイクをして帰ってもいい?

施術後は、カールが安定していないため、メイクは極力しないようにしましょう。

とはいえ、すっぴんで帰宅するのが難しい場合もありますよね。

その際には、以下の点に注意してメイクをしましょう。

  • メイクをするなら落としやすさを考える
  • 施術後当日のアイメイクは避ける

それでは、詳しくみてみましょう。

メイクをするなら落としやすさを考えて

まつ毛パーマの施術後にメイクをするなら、落としやすさを考慮しましょう。

施術後3~4時間は、カールが安定してないため、強くこすったり、まつ毛が水に塗れるのはNG。

そのため、メイクをするのであれば、化粧落としシートでメイクオフできる程度のメイクにしておきましょう。

施術後当日のマスカラは避けよう

先程も述べたように、施術後はカールが安定していないため、マスカラを塗ることにより、カールにバラつきがでてしまうことも。

また、マスカラを使用することでクレンジングが必要になり、デリケートな状態のまつ毛に負担を与えてしまいます。

そのため、施術後当日のマスカラは極力避けるようにしましょう。

どうしても、マスカラを使用したい場合は、お湯でオフできるタイプがおすすめです。

仕事終わりなどメイクをしたままサロンに行く場合の注意点

仕事終わりなどメイクをしたままサロンに行く場合には、以下の点に注意しましょう。

  • メイク落としセットを持参する
  • メイクオフ代がかかることもある

それでは、詳しくみてみましょう。

メイク落としセットを持参する

アイメイクをしたままサロンに行く場合は、メイク落としセットを持参するようにしましょう。

また重要なのが、オイルクレンジングのメイク落としの使用はNG。オイルクレンジングは油分が多いため、カールがかかりにくくなる原因になります。

そのため、ジェルやリッキド、クリームタイプのクレンジングを持参しましょう。

 

メイクオフ代がかかることもある

マスカラやアイライナーなど、施術前に必ずメイクを落と必要がある場合、メイクオフ代がかかることがあります。

先程も述べたように、メイク落としセットがあれば、メイクオフ代はかかりませんが、忘れた場合には、別途500円前後かかることを知っておきましょう。

まとめ

まつ毛パーマは、基本的にすっぴんで行くのがいいでしょう。

しかしサロンによっては、

  • ベースメイクだけならOK
  • マスカラ以外のアイメイクならOK

このように、まつ毛パーマの施術に直接関わらない部分であれば、一部メイクをしても良いとしている場合があります。

どうしてもすっぴんで行くのが嫌であれば、予約時にサロンに確認しましょう。

また、施術後はなるべくメイクをしない方が、まつ毛パーマの持ちがよくなります。できるなら、まつ毛パーマを施術する当日は、終日すっぴんの状態でいることをおすすめします。

タイトルとURLをコピーしました